編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

セールスフォース、「Marketing Cloud」「Commerce Cloud」の新機能を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-03 12:50

 Salesforceは米国時間6月2日、「Digital 360」に関する新たなイノベーションを発表した。企業がデジタル化を加速させ、次世代のマーケティング、コマース、デジタル体験を提供できるよう支援する。「Marketing Cloud」と「Commerce Cloud」に関する多数の新機能と製品アップデートが発表された。これらの多くは、包括的な「Customer 360」戦略を推進することが狙いだ。

 Marketing Cloudの新機能は、「Salesforce Customer Data Platform」(CDP)を拡張し、リアルタイムのエンゲージメント、オーディエンスのセグメント化、ロイヤリティー管理を行うためのものだ。一方Commerce Cloudでは、新たなデータ統合を提供しているほか、注文管理とヘッドレスコマースの機能を改善している。

 「Salesforce CDP for Loyalty Management」、そしてリアルタイムパーソナライゼーションエンジン「Interaction Studio」へのCDP統合が含まれる。さらに、Marketing Cloudにおける「Datorama」レポート対応、「WhatsApp」や「Snapchat」の統合、「Distributed Order Management」(分散オーダー管理)と「Omnichannel Inventory」(オムニチャネル在庫)による注文のリアルタイム可視化を提供する。

 WhatsAppの統合により、企業はキーワード検出や取引メッセージなどでMarketing Cloudを使い、顧客とWhatsAppで直接やりとりできるようになる。「Snapchat Audience Match」機能は、マーケターがSalesforceに保存されているファーストパーティーデータを使って、Snapchatの特定オーディエンス向けにターゲット広告を作成できるようにする。

 またSalesforceは、Commerce CloudのデータをSalesforce CDPに直ちに統合可能にし、BtoB企業が新しい「B2B2C Commerce」アプリを使って、消費者に直接販売できるEC(電子商取引)店舗を立ち上げられるようにした。ヘッドレスコマース用には、「Progressive Web Application (PWA) Kit」と「Managed Runtime」サービスを用意した。

 CDP for Loyalty Management、Marketing CloudでのDatoramaレポート作成、WhatsApp統合、Distributed Order Management、Omnichannel Inventoryは全て2日から提供される。B2B2C Commerce、Interaction Studio向けのSalesforce CDP、Snapchat Audience Matchは6月に提供を開始する計画だ。

 PWA KitとManaged Runtimeサービスは8月に、B2B向けOrder ManagementとCommerce Cloud向けのSalesforce CDPは10月に提供する見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]