編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
海外コメンタリー

コロナ禍で需要急増、クロックスの倉庫支える協働型ロボット--6RSのCEOに聞く

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-06-06 08:30

 Crocsのサンダルは2020年、ステイホームの際の必需品として台頭し、かつてないほどの高い需要を経験した。その結果、同社の流通センターはあっという間にキャパシティー面で立ち行かなくなったため、Eコマースのフルフィルメント業務をより規模の大きな倉庫へと急きょ移管することになった。その際、処理能力の強化や、作業時におけるリスク低減、規模の最適化を目指した自動化が提案された。

Crocs

 ここでロボット、具体的には6 River Systems(6RS)という企業の自動化ソリューションの出番がやってくることになった。

 協働型のモバイルロボット「Chuck」を利用し、壁から壁までをくまなく網羅する6RSのフルフィルメントソリューションを採用したことで、Crocsのピッキング率は182%も向上した。このような高い処理能力は2020年のホリデーシーズンで大いに力を発揮し、同社は1日あたり最大4万もの商品を扱い、顧客の高まった期待に応えることができたのだった。

 ロボットは規模の拡大に不可欠であり、そうしたソリューションは今や、かつてないほど迅速に、そして最小限の業務停止期間で実現できるようになっている。筆者は6RSの共同創業者であり共同最高経営責任者(CEO)でもあるJerome Dubois氏にインタビューし、Crocsのフルフィルメント業務の規模拡大において倉庫の自動化が不可欠だった理由や、業務の最適化がもたらす未来について語ってもらった。

——Crocsの場合、立ち上げや統合が迅速だったように思います。6RSは業務停止期間を最小限に抑える上での優先順位をどのように設定したのか、またどのようにして自動化ソリューションをそれほどの短期間で実動にまで持っていったのかを教えてください。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、日常生活のほとんどを自宅で過ごすようになった中、Crocsの製品はあっという間に、快適さをもたらすための必需品になりました。その結果、2020年におけるCrocsのEコマース需要は同社の予想を超えたものとなり、こうした需要の高まりに応えるため、同社は2つ目の流通センターが必要だと考えるようになりました。

 Crocsのチームはフルフィルメント業務の支援に向け、自律型モバイルロボット(AMR)であるChuckを活用し、壁から壁までをくまなく網羅するという当社のフルフィルメントソリューションを採用しました。Chuckは機械学習(ML)と人工知能(AI)を活用し、作業場所における共同作業者の歩行距離を最小限に抑えるとともに、彼らがタスクに集中できるように、またより効率的に作業を進められるようガイドしてくれます。

 Crocsでの設計や統合、配備が完了するまでに要した期間は3カ月にも満たず、2020年のホリデーシーズンのピークに間に合わせることができました。この新倉庫での本番稼働が開始されたのは2020年10月初旬ですが、最初のピッキング作業からフル稼働に至るまでに要した日数はわずか2日でした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]