編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ニチイHD、人事管理システムを「COMPANY」に統一--タレントマネジメントも活用

藤代格 (編集部)

2021-06-04 07:15

 介護や医療事務などを事業とするニチイホールディングス(千代田区、連結従業員数9万768人)は、人事管理プラットフォーム「COMPANY」の導入を決定した。

 約9万人の従業員に対応すべく、複数併用してきた人事関連システムを統一するという。6月3日、Works Human Intelligence(港区)が発表した。

導入前後のイメージ(出典:Works Human Intelligence) 導入前後のイメージ(出典:Works Human Intelligence)
※クリックすると拡大画像が見られます

 システム分散のため多くの運用コストが必要で、データ連携が複雑化。情報が散在し、システム外の作業も多かったという。

 紙ベースの申請、勤怠関連業務も多く、人事部や現場スタッフの業務負荷も大きかったと説明。

 機能拡張、修正の柔軟性が乏しいため、法改正、制度変更発生のたびにカスタマイズが必要となり、追加コストやリードタイムが発生していたとしている。

 Works Human Intelligenceの前進であるワークスアプリケーションズ時代から20年以上にわたり、標準機能を拡張し続けているというコンセプトを評価。

 人事給与管理の「COMPANY 人事・給与」、ウェブで申請書を出したり給与明細を確認できたりする「COMPANY Web Service」、同ソフトをモバイルデバイスに対応させるための「CWSスマートデバイスオプション」、勤怠や労務を管理するための「COMPANY 就労・プロジェクト管理」や「就労モバイル勤怠」、人材情報を管理するための「COMPANY Talent Management」を活用するという。

 人事や給与、勤怠の管理、タレントマネジメントなどの広範囲の業務を一つのシステムとしてカバーでき、業界特有の複雑な業務にも標準機能で対応できるという。システム外の手作業を最小化、人事部の業務負荷を削減できるとしている。

 申請や管理をウェブベースに変更可能で、モバイルにも対応。ユーザビリティが高いため、現場スタッフの利便性向上、業務負荷削減にも寄与すると説明している。

 人事業務の一本化でコストの削減や業務効率化、タイムリーな情報収集などが可能になるとともに、新型コロナウイルス感染症をはじめとする社会情勢の変化、事業成長に向けた制度や組織変更といった、社内外の今後の変化にも対応できるという。

画面イメージ(出典:Works Human Intelligence) 画面イメージ(出典:Works Human Intelligence)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]