編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

デル、中小企業向け新パッケージ--セキュリティ、災害、リモートワークに対応 - (page 2)

阿久津良和

2021-06-07 06:45

 法人専用設計の堅牢性の高いPCシリーズはノートPCの「Latitude」シリーズとデスクトップPCの「Vostro」シリーズを提案する。ネットワークセキュリティ見直し支援ソリューションは1台で複数のセキュリティ性能を備える統合脅威管理(UTM)アプライアンス「SonicWall UTM SOHO」(12万6500円)とセキュアアクセスゲートウェイ「SonicWall SMA 210」(53万5304円)を提案する。

今回発表したパッケージの全体像 今回発表したパッケージの全体像
※クリックすると拡大画像が見られます

 BCP対策と災害対策も各2つのパッケージを用意し、「緊急に備えるバックアップ基礎ソリューション」は自社のバックアップ環境としてx86サーバーを提案。たとえば「PowerEdge T140 ベーシックモデル」(8万2106円)など導入規模に応じてサーバーを取捨選択できる。

 「オンプレ・クラウドいいとこどりソリューション」は予算や目的に応じてオンプレミスのサーバー機能を「Microsoft Azure」に移行させる「ちょい足しクラウド」(28万6395円)、Azureをエッジ環境で運用できる、オールインワン型の検証済みハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)ソフトウェアスタック「Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI」(335万5000円)を提案する。

 井上氏は値引きなど価格に関する言及は避けつつも、「顧客需要は多様なため、導入対象となる企業規模は定めていない。企業規模と需要に応じて提案する」と中小企業に幅広く提案していくと説明した。

相談が単独のアドバイザーで完結

ギークプラス 代表取締役社長 佐藤智裕氏
ギークプラス 代表取締役社長 佐藤智裕氏

 6月4日の記者会見では、人工知能(AI)を組み込んだ自律型協働ロボット(Autonomous Mobile Robot:AMR)を開発、販売するギークプラス 代表取締役社長 佐藤智裕氏が登壇。同社の自動搬送ロボット「EVE」は、倉庫など物流の現場でピッキングなどに活用されている。

 佐藤氏は「当初PCやサーバー、周辺機器を(本社が中国にあることから)中国のサプライヤーから手配したが、電源ケーブルが国内仕様に合わず、説明書が日本語化されていないなど品質が低かった。(デル・テクノロジーズを選択した理由は)一連の製品に関する相談が単独のアドバイザーで完結している。運用の効率化にもつながった」と中小企業向け専任アドバイザーであるデル テクノロジーズ アドバイザーの対応を評価した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]