TIS、スマホで参加できる仮想ツアーを試験提供--施設見学、観光客誘致などに - (page 2)

阿久津良和

2021-06-08 07:15

 1回のツアーは最長90分を想定しているため、ファイルサイズは1.5GB以内に納めなければならない。また、トライアルサービスでは最大5回(1カ月内)のツアー開催や同時参加者数は50人程度といった制限がありつつも、PCやスマートフォンで気軽に利用できるとしている。

 現時点のXR Campusツアーはアルファ版に相当するため、個別のテキストチャットや音声チャットは未実装。いずれも参加者全員に対して発せられる。アバターも6色から選択するなど制限は多いものの、自社運営サービスと組み合わせた可能性を探る意味では十分だろう。

 ビジネス展開について加藤氏は「現時点で不明だが、とあるレポートによればXR市場は数百億円規模の継続的成長を遂げる」と述べつつ、同サービスが新規事業開拓の一環であると説明した。また、東京大学 先端科学技術研究センター 稲見昌彦氏と遠隔コミュニケーションの社会実装に向けた共同研究、2025年開催を目標にしている2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)を見据えたXR体験提供を検討中だ。

XR Campusの概要 XR Campusの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]