編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Snowflake、データ版アプリストアを日本でも--500種類以上を用意 - (page 2)

阿久津良和

2021-06-09 06:30

 「WxTech(ウェザーテック)」の実現を標榜しているウェザーニューズ(千葉市美浜区)常務取締役 石橋知博氏は「端的に述べると(ウェザーニューズが)蓄積した気象データベースを顧客のそばに置いて、未来予測やビジネスに活用できる」ビジネスモデルと説明した。

ウェザーニューズ 常務取締役 石橋知博氏
ウェザーニューズ 常務取締役 石橋知博氏

 今回Snowflakeデータマーケットプレイスに参加するウェザーニューズは、2018年1月以降の気象データ(気温や風速など全11要素)を1kmメッシュの解像度で提供する。石橋氏は「日本全国は約36万kmメッシュに分かれるが、(気象庁の)アメダス(地域気象観測システム)でも計測していない要素も解析値として含めている」と解像度の品質を強調した。

 ウェザーニューズはデータ提供開始を記念して、6月末日までにSnowflakeデータマーケットプレイス経由で同社に問い合わせした先着20社に、顧客企業が指定する地点の気象データ1年分を無償提供するキャンペーンを実施。通常時のデータ使用料金は「1拠点1カ月で1000円未満」(石橋氏)程度になるという。

Snowflake カントリーマネージャー 東條英俊氏
Snowflake カントリーマネージャー 東條英俊氏

 Snowflakeの国内ビジネス展開だが、日本語化した有償の技術者養成トレーニングクラスを2月から開始し、2021年下半期にはテクニカルサポートの日本語提供も予定している。

 6月8~10日に開催のオンラインイベント「Snowflake Summit 2021」では、先の図で紹介したSnowflake関連の新機能、パートナーネットワークプログラム「Powered By Snowflake」の開始、Snowflakeデータマーケットプレイスの収益化といった内容が語られる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]