編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

フォルクスワーゲン、米国など330万人の顧客情報が販売業者から流出との報道

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-06-14 11:44

 Volkswagen(VW)によると、VWとAudiの顧客330万人超のデータが約2年にわたり、保護されていない状態となっていたという。米TechCrunchが入手したとして、米国時間6月11日に記事で公開した書簡の中で、VWはセキュリティの問題について報告している。データは、2014~2019年の間にVWやAudiと取引があった個人の情報で、2019年8月~2021年5月まで保護されていない状態のままとなっていたという。

Volkswagen
提供:Tim Stevens/Roadshow

 Volkswagenはデータ流出があったことを認めている。

 広報担当者は声明の中で、「われわれは先頃、権限を持たない第三者が顧客と見込み顧客に関する限定的な個人情報をある販売業者から入手したことを確認した。Audi、Volkswagen、米国とカナダの一部の認定ディーラーは、デジタル販売やマーケティング活動でその販売業者と提携している」と述べた。「この件で、顧客と見込み顧客にご迷惑をおかけしたことを遺憾に思っている。これまで通り、疑わしい電子メールや、個人と自動車に関する情報を聞き出そうとするような連絡には注意してほしい」

 書簡によると、マーケティング目的で使用されるデータには、名前と住所、電子メールアドレス、電話番号が含まれている。自動車購入時のローン審査に関連する、より機密性の高い情報が含まれている可能性もある。TechCrunchによると、米国とカナダでローン審査に関連する情報を含む顧客情報9万人分も流出した恐れがある。このデータの多くに運転免許証番号が含まれているほか、「ごく少数」の生年月日、社会保障番号などがあるという。

 VWの声明には、「法律で義務付けられているかどうかに関係なく、影響を受けたすべての個人に直接通知している。機密情報に影響した約9万人の顧客には、無料の信用保護サービスを提供する」と書かれている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]