編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

5G契約数、2021年末までに5.8億件に--エリクソン予測

Angelique Chatman (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)

2021-06-17 11:09

 5Gの契約数は2021年末までに5億件を突破する見込みであり、現時点でもスマートフォンユーザーは大量のデータをモバイルネットワークでやりとりしている――。このような内容を含む新たな報告書を、Ericssonが発表した。

5Gの文字
提供:Angela Lang/CNET

 Ericssonは年2回公開しているモビリティーに関するレポートの最新版で、2021年末までに5Gの契約数が世界で5億8000万件を超えるとの予測を示した。これは2020年末の2億2000万件と比較して、2倍以上の数字となる。さらに2026年末までに世界の5G契約数は約35億件に達し、全契約の約40%を占めるようになるという。

 これに加え、現時点でスマートフォン1台あたりの月間平均データ利用量は10GBを超えていると、Ericssonは報告している。モバイルネットワークのデータトラフィックは2021年第1四半期に、前年同期比で46%増加したという。

 5Gの全世界的な展開が始まったのは、新型コロナウイルスのパンデミックが始まる少し前のことだった。世界経済が事実上の停止状態に追い込まれる中でも、コロナ禍が5Gネットワークの拡大を押しとどめることはなかった。むしろ、コロナ禍によって高速接続の重要性が裏付けられたという側面もある。高速の通信手段がなければ、在宅勤務やリモート授業への出席、さらには医師の診察を受けることもままならない状況だったからだ。今は世界の多くの地域でコロナ感染の勢いが収まり始めているが、今後も5Gネットワークの構築が続く見込みであり、その展開は10年前の4Gの時よりも急速だ。

 これまでに世界で160を超える通信事業者が5Gサービスを開始しており、5G対応スマートフォンの数は300機種を超えている。世界的なチップ不足は、自動車から家庭用ゲーム機まであらゆるものに影響を及ぼしているが、Ericssonによると5Gの展開は今のところ影響を受けていない。

 地域別の5G契約件数では、引き続き中国が先頭を走っている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]