編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
日本株展望

国際分散投資のすすめ--国内投資だけで大丈夫?

ZDNet Japan Staff

2021-06-18 09:21

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 外国株に対して日本株が劣勢を続けている
  2. 日本は低成長下で公的債務拡大に対処できるか
  3. 為替相場では「日本円の下落基調」が鮮明となるか

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

外国株に対して日本株が劣勢を続けている

 今週の米国市場では、14日にS&P500指数やナスダック総合指数が過去最高値を更新し、外国株式指数(MSCIコクサイ指数=日本を除く世界株価指数)も最高値を更新した。

 15~16日に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)は声明文で「ワクチン接種の進展と強力な政策支援が施される中、経済活動や雇用の指標は強さを増した」とする一方、「インフレ率の上昇は主として一過性の要因を反映している」と判断し、「緩和的な金融政策スタンスを維持する見通し」とした。

 ただ、直後の記者会見でパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長がテーパリング(量的緩和縮小)の議論を始めたことに言及。ドットチャート(FOMCメンバーの金利見通し)が「2023年中の利上げ」を示唆したことで、長期金利が上昇し株式は下落した。

 今後も金融政策の変化とそのタイミングを巡る思惑で株価が揺れる可能性はある。

 図表1は、2018年初を起点にして米国株、外国株、日本株の推移を比較したものだ。米国株や外国株の堅調傾向に対し日本株が劣勢を続けていることが分かる。

 年初来騰落率で比較しても、米国株は年初来+12.5%、外国株が同+12.6%であるのに対し、日本株は同+9.5%にとどまっている(16日時点)。本稿では、「長期の視野で日本株が外国株に対し劣勢を続けるリスク」と「国際分散投資の意義」について解説をしたいと思う。

<図表1:外国株と日本株のパフォーマンス差が広がっている>

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2018年初~2021年6月16日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2018年初~2021年6月16日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]