編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

常石造船、RPA導入で年7000時間以上の業務時間を削減へ

NO BUDGET

2021-06-18 15:26

 常石造船は、Blue PrismのRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ツールを採用し、業務改革に向けた取り組みを本格的に開始した。既に約30の業務プロセスにおいて自動化が適用されており、今後も対象業務の選定や開発を推し進め、社内の広範囲に展開していく予定。2022年度は7000時間以上の削減が期待されている。

 Blue Prismはエンタープライズクラスの運用管理機能、監査機能、セキュリティ機能を提供できる統合RPA管理製品。ルーチンから重要な業務までプロセス全体の自動化を促進でき、シンプルなライセンス体系で低い総所有コスト(TCO)と高い投資対効果(ROI)を実現できるとする。

 常石造船は、社員を単純作業から解放し、付加価値の高い業務に配置すべく、2018年6月にRPAプロジェクトを立ち上げ、全社的な展開の検討に着手した。しかし、運用形態の煩雑さや利用者単位のライセンス体系による運用コストの増大が懸念材料として浮上したため、統合管理型製品への移行を決定した。

 同社は、運用管理性、開発生産性、そしてコスト削減という要素を中心に慎重に検証し、Blue Prismを選択した。同製品について、運用保守工数が少ないアーキテクチャーを持ち、複数部門の担当者が利用してもライセンスコストへの影響が少なく、高いコストパフォーマンスを見込めると評価した。2021年2月にBlue Prismへの完全移行が完了している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]