編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
日本株展望

日経平均急反発:NY発テーパリングショックは終了?--まだ残る不安

ZDNet Japan Staff

2021-06-23 10:11

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均急反発、前日の下げの大部分を取り返す
  2. まだ残る不安:米中対立の激化

 これら2点について、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト 窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均急反発、前日の下げの大部分を取り返す

 6月22日の日経平均株価は、873円高の2万8884円だった。米国のテーパリングショック【注】が波及して、953円安と急落した21日の下げの大部分を1日で取り戻した。

【注】テーパリング(金融緩和縮小)ショック

 6月16日、米国の金融政策を決めるFOMC(連邦公開市場委員会)の結果が発表された。株式市場にショックを与えたのは、FRB(連邦準備制度理事会)が2023年に利上げ2回の予想を発表したこと。さらに、パウエル議長がテーパリングの議論を始めると発表したこと。2022年にもテーパリングが始まるとの思惑が広がり、先週はNYダウが急落した。

日経平均株価日足:2021年1月4日~2021年6月22日

出所:楽天証券マーケットスピードより作成
出所:楽天証券マーケットスピードより作成

 上記の日足チャートを見ると、日経平均は6月中旬まで2万9,000円を中心とした「三角もち合い」を形成しつつあったことが分かる。強弱材料が拮抗(きっこう)して、上へも下へも大きくは動きにくくなっていた。

【強材料】日本の景気・企業業績回復期待

 緊急事態宣言が3度まで延長されて日本の景気回復が遅れていたが、米国/中国景気好調の恩恵で、いずれ日本の景気回復も鮮明になるとの期待が続いている。

【弱材料】米景気過熱でテーパリング(金融緩和の縮小)が始まる懸念

 米景気好調で上がってきたNYダウだが、インフレ懸念・テーパリング懸念が強まってから上値が重くなっている。

 日経平均は、もち合いの収束点が近づいたところで、6月16日にいったん上放れを試した(2万9480円まで上昇)が打ち返された。次に6月21日に下放れを試した(日中安値で2万7795円まで下落)が急反発し、また2万9000円の近くに戻ってきた。

 日経平均は今しばらく、2万9000円を中心としたボックス圏での推移が続く可能性がある。日本の景気・企業業績に回復期待が強まりつつあることから下値は堅くなりつつあるが、米テーパリング懸念は払しょくできず上値は重い状況が今しばらく続きそうだ。

NYダウと日経平均の日次推移:2020年10月1日~2021年6月22日(NYダウは21日まで)

出所:QUICKより作成
出所:QUICKより作成

 筆者は、日本株は「買い場」と判断している。テーパリングに対する懸念は先走り過ぎと考えている。まだ、米国の緩和的な状況は長く続くと考えられるからだ。

 テーパリングが始まってもなお緩和的状況は続く。引き締め(利上げまたは量的引き締め)が始まるまで緩和的状況が根本的に変わるわけではない。テーパリングという言葉に強く反応して、しばらく日米とも株式市場の上値が重くなりそうだが、そこは買い場と判断する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]