編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

LIXIL、SAPによる国内事業の基幹システムを標準化

ZDNet Japan Staff

2021-06-23 15:28

 LIXILがSAP S/4HANAとSAP S/4HANA for central financeを導入し、国内事業における基幹システムを標準化した。SAPジャパンが6月23日に発表した。

 同社では、2011年からの企業統合に伴う基幹システムの共通化に取り組んできたが、海外事業までは極めて難易度が高く、2018年に国内事業の会計システムだけを共通化し、国内における水まわりやハウジングなどの各事業のシステムと連携した標準化を行う形に変更していた。

 今回の発表は会計システムの共通化に当たる。1月にまずSAP S/4HANAで構築した会計システムを稼働させ、その後は各種事業での合計3システムもSAP S/4HANAで構築。これをSAP S/4HANA for central financeを活用して連携する仕組みの構築を4月に終えた。5月に実データ連携に問題がないことも確認され、実稼働をしているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]