LIXIL、SAPによる国内事業の基幹システムを標準化

ZDNet Japan Staff

2021-06-23 15:28

 LIXILがSAP S/4HANAとSAP S/4HANA for central financeを導入し、国内事業における基幹システムを標準化した。SAPジャパンが6月23日に発表した。

 同社では、2011年からの企業統合に伴う基幹システムの共通化に取り組んできたが、海外事業までは極めて難易度が高く、2018年に国内事業の会計システムだけを共通化し、国内における水まわりやハウジングなどの各事業のシステムと連携した標準化を行う形に変更していた。

 今回の発表は会計システムの共通化に当たる。1月にまずSAP S/4HANAで構築した会計システムを稼働させ、その後は各種事業での合計3システムもSAP S/4HANAで構築。これをSAP S/4HANA for central financeを活用して連携する仕組みの構築を4月に終えた。5月に実データ連携に問題がないことも確認され、実稼働をしているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]