編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ツーエス・テクノロジーズ、クラウドERPで勤怠と案件を管理--収支も可視化

藤代格 (編集部)

2021-06-24 07:15

 組込ソフトやウェブシステムの受託開発を事業とするツーエス・テクノロジーズ(名古屋市西区、従業員数8人)は、クラウド型統合基幹業務システム(ERP)「ZAC」を導入。勤怠やプロジェクトの管理と、データを分析できる体制を構築したという。6月23日、サービスを提供するオロ(目黒区)が発表した。

 残業や有給管理を効率化すべく、勤怠管理システムの導入を検討。また、案件別の細かい収支の把握、データの分析への活用なども検討していたという。

 ZACは休暇取得や残業などの電子申請機能を標準搭載しており、社員の労務状況をタイムリーに把握可能。

 各案件には売り上げ、直接労務費、経費といった複数原価を紐づけでき、案件の一元管理、収支の可視化ができるとしている。

案件別の収支管理イメージ(出典:オロ) 案件別の収支管理イメージ(出典:オロ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 アウトプット機能を活用すれば、事業セグメントやクライアント、部門別といったさまざまな切り口のレポートをワンクリックで出力可能。経営経営判断に必要な情報をより迅速に収集できるという。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを標準搭載し、グラフによる視覚的な把握もできると説明している。

BIツールでの可視化イメージ(出典:オロ) BIツールでの可視化イメージ(出典:オロ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オロは、2019年8月から提供するZACのほか、オリジナルのパラメーター追加などで機能を追加、改修できるクラウド型ERP「ZAC Enterprise」を提供している。

2つのERPの特徴イメージ(出典:オロ) 2つのERPの特徴イメージ(出典:オロ)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]