編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

三井住友ファイナンス&リース、リース契約の請求・支払関連業務の帳票を電子化

NO BUDGET

2021-06-24 14:15

 三井住友ファイナンス&リース(SMFL)は、リース契約の請求・支払関連業務における取引先向け帳票の電子化サービスを開始した。ウイングアーク1stの電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint」をサービス基盤に活用している。

 このサービスは、従来のリース契約に関連する紙ベースの請求・支払関連帳票を電子化し、電子メールで取引先に配信するもの。電子データでの配信を希望する取引先向けのサービスを拡充するとともに、リモートワークや災害時など緊急事態における事業継続計画(BCP)への対応が可能になる。また、ペーパーレス化による二酸化炭素排出量の削減、各種帳票の印刷・封入・発送業務を削減することができる。

「invoiceAgent TransPrint」の利用イメージ
「invoiceAgent TransPrint」の利用イメージ

 invoiceAgent TransPrintは、企業間のあらゆる文書をデータ化し、クラウド上で安全/高速に流通できるプラットフォームを提供する。

 SMFLでは、6月から支払関連の帳票を対象に同サービスの活用を開始し、今後は請求書類などその他の帳票・取引先向け発送書類に順次対象を拡大していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]