編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows Subsystem for Android」に言及--「Windows 11」の「Android」アプリ対応

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-25 11:25

 Microsoftは米国時間6月24日、「Windows 11」の発表の中で、かねてからリリースが近いとうわさされていた、「Windows」で「Android」アプリを実行可能にする機能について発表した。その詳細はすべて明確になっているわけではないが、同日の終わりに開発者向けに実施されたオンライン説明会でいくつかの点が明らかになった。

Androidのロゴ
提供:TechRepublic

 Microsoftの「Windows Developer Platform」担当コーポレートバイスプレジデントKevin Gallo氏によると、Windows 11で「Windows Subsystem for Android」を提供する計画だという。Windowsに現在搭載されている「Windows Subsystem for Linux」(WSL)と類似の働きを有するサブシステムとなるようだ。Windows Subsystem for AndroidはWSLと同様に、GUIアプリをサポートする。

 Windows Subsystem for Androidによって、AndroidとWindowsそれぞれのアプリモデルの間を仲介するネイティブアプリのプロキシーが提供されるとともに、「Androidオープンソースプロジェクト」(AOSP)との互換性を有した仮想マシン(VM)が用意される。AOSPは「Google Play Services」のサポートを必要としないカスタム版のAndroidを実現するというプロジェクトだ。そして、同日のWindows 11発表イベントでAmazonのストアが言及された理由がここにある。Amazonの「FireOS」はAOSPをベースにしている。

 Amazonも本件に関するプレスリリースを公開している。AmazonとMicrosoftがWindows 11への「Amazon Appstore」の搭載に向けた計画を発表したと書かれている。Microsoftが同日説明したように、Amazon AppstoreのすべてのAndroidアプリがすぐにWindows 11で実行できるようになるわけではないが、Windowsのユーザーは2021年中に「Amazon Appstoreセレクションの第1弾」を利用できるようになるという。

 Microsoftの最高製品責任者(CPO)Panos Panay氏は基調講演で、Windows 11でAndroidアプリがどのように動作するかを説明し、その中でAmazonだけでなくIntelについても言及した。IntelとMicrosoftは、x86アーキテクチャー搭載デバイス上で(他のアーキテクチャーをベースにした)アプリの実行を可能にするためのランタイムポストコンパイラー「Intel Bridge Technology」の開発で協力している。

 Androidアプリが新しいMicrosoftのアプリストアにいつ登場するのか、筆者にはまだはっきりと分かっていない。Microsoftは新しい「Microsoft Store」の初期プレビューを今後のWindows Insiderビルドで試せるようにするとしている。Windows 11は2021年のホリデーシーズンに合わせてロールアウトされ、新たなハードウェア要件を満たしたデバイスを持っている既存のWindows 10ユーザーや、新規ユーザー向けには2022年の早い時期に展開される見込みだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]