編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

AWS、バグ発見と修正を競うグローバルなコンペ「AWS BugBust」発表

Jonathan Greig (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-25 12:32

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間6月24日、世界の開発者が100万件のバグ発見と修正を競う「AWS BugBust Challenge」を発表した。このコンペティションは、「技術的負債を1億ドル(約110億円)以上削減する」上でも役立つという。

 AWSのプリンシパルアドボケイトであるMartin Beeby氏はブログ記事で、AWS BugBustでバグバッシュのコンセプトを「新たな次元に」引き上げると説明した。開発者が「ソフトウェアのバグを発見、修正するプロセスをゲーム化する」プライベートイベントを立ち上げ、管理できるようになるという。

 Beeby氏は、「(Amazonを含め)私が働いてきた多くのソフトウェア企業は、新しい製品やサービスを発表する前の数週間に、バグバッシュを実施していた」とし、「(AWS BugBustは)自動化されたコード分析、統合型リーダーボード、カスタムチャレンジ、報酬を用意する」と述べている。

 コンペの参加希望者は、機械学習を利用してバグ発見とコードの品質向上を行う開発者向けツール「Amazon CodeGuru」のコンソールから、AWS BugBustイベントを作成できる。AWS BugBustは、リーダーボードを用意し、達成バッジのほか、ラスベガスで開催される「AWS re:Invent 2021」の無料招待旅行を獲得するチャンスを提供する。

 AWSのアマゾン機械学習担当バイスプレジデントのSwami Sivasubramanian氏は、AWSの顧客は毎日、アプリケーションに新機能を早いスピードで開発、導入しており、複雑なコードを大量に管理していると説明する。

 同氏は、「熟練した開発者は、導入する機能の開発、革新、提供に多忙を極めているため、コードレビューを効果的かつ迅速に行う時間を取ることが難しい」とし、「本日発表する全く新しいアプローチにより、開発者はコード品質を高め、バグを排除し、アプリケーション性能を向上させつつ、アプリケーションのリソースコストを何百万ドルも節減できるようになる」とコメントした。

 AWS BugBust機能は現在、米国東部(バージニア北部)リージョンで利用可能だ。まもなく、Amazon CodeGuruが提供されているさらなるリージョンで利用できるようになる。

 Beeby氏によると、プライベートイベントで開発者がバグを修正してポイントを獲得するたびにグローバルなリーダーボードが更新される。100ポイント獲得するとAWS BugBust Tシャツが、2000ポイント獲得するとAWS BugBustジャケットが贈られる。さらに2021年9月30日時点で、リーダーボードの上位10名に入った開発者は、AWS re:Inventのチケットを手に入れることができる。

 コンペに参加するには、プロジェクトをAmazon CodeGuruがサポートしている「Python」もしくは「Java」で記述しなければならない。

 Beeby氏は、最初のAWS BugBustイベントを作成する際、AWSアカウントで、「Amazon CodeGuru Reviewer」と「Amazon CodeGuru Profiler」を使用して発生する全ての費用が30日間無料だとしている。「無料期間の終了後は、コンペティションにおけるAmazon CodeGuru ReviewerとAmazon CodeGuru Profilerの使用量に応じて課金される」(Beeby氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]