編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

飯島町営農センター、スマート農業の知識/ノウハウ共有に「LINE WORKS」を採用

NO BUDGET

2021-06-25 15:54

 長野県飯島町営農センターは、同センターが進める「飯島町ICT農業実証実験プラットフォーム構想」でのコミュニケーション基盤に「LINE WORKS」を採用した。

 LINE WORKSはチャットやスタンプをはじめ、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能をそろえたビジネスチャットサービス。ワークスモバイルジャパンが提供している。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいる。

 飯島町ICT農業実証実験プラットフォーム構想とは、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する「スマート農業」の実現を目指す取り組み。

「LINE WORKS」の活用イメージ
「LINE WORKS」の活用イメージ

 同センターでは、LINE WORKSを基盤とした「デジタル農業実験コンソーシアム」を構築し、参加する農業関係者にLINE WORKSのアカウントを配布する。その上で、スマート農業を推進するための知識やノウハウなどの情報を円滑に共有するコミュニケーションツールとして活用していく。トークルームで作物別の情報管理や実証実験などの情報を共有することで、各農家の実態に合わせた支援や実証実験を行う予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]