編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
日本株展望

高配当金融株は「買い場」--ナスダック、S&P500最高値、日経平均はこう着

ZDNet Japan Staff

2021-06-28 09:30

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均はこう着、米国株は最高値
  2. 日経平均は今しばらくボックス圏、年後半に上値トライか
  3. 配当利回りの高い大手金融株「買い場」の判断継続

 これら3点について、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト 窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均はこう着、米国株は最高値

 先週(6月21~25日)の日経平均株価は1週間で102円上昇し、2万9066円となった。2万9000円前後でのこう着が続いている。

日経平均日足:2021年1月4日~6月25日

楽天証券マーケットスピードより作成
楽天証券マーケットスピードより作成

 一方、先週の米国株は主要株価指数が最高値を更新し、強い動きとなった。ハイテク成長株の比率が高いナスダック総合指数と、NY証券取引所およびナスダック上場の主力株で構成されるS&P500指数が史上最高値を更新。NYダウは最高値に近づいているが、まだ最高値に届いていない。

 米国のインフレ高騰は一時的で、金融緩和がすぐに終了することはないとの見方が広がり、ハイテク成長株を中心に米国株を買う動きが広がった。

 バイデン大統領が24日、インフラ投資に8年間で1兆2000億ドル(約132兆円)を投じることで議会上院の超党派グループと合意したと発表したことも、株高材料となった。

ナスダック総合指数・S&P500株価指数、日経平均の動き比較:2019年末~2021年6月25日

QUICKより作成、2019年末の値を100として指数化
QUICKより作成、2019年末の値を100として指数化

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]