編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

グーグルが無線アクセスネットワーク業界の業界団体「O-RAN Alliance」に参加

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-30 13:14

 Googleは、5G(第5世代移動体システム)分野および通信分野における戦略の一環として、O-RAN Allianceに参加したことを明らかにした

 Google CloudのマネージングディレクターであるAmol Phadke氏とシニアディレクターのAnkur Jain氏は米国時間6月29日、このグローバルな業界団体に参加することで、Googleは無線アクセスネットワーク(RAN)業界の取り組みに参加し、「力を合わせて取り組みを推進し、加速させる」ことができると述べた。

 O-RAN Allianceは、2018年にAT&T、中国移動、Deutsche Telekom、NTTドコモ、Orangeによって設立された業界団体で、RAN業界に関わっている多数の通信機器ベンダー、研究者、モバイル通信事業者が参加している。

 このアライアンスが目指しているのは、RANの世界標準を策定し、「よりインテリジェントで、オープンで、仮想化された、完全に相互運用可能なモバイルネットワークの実現に向けてRAN業界を再構築する」ことだ。

 Googleはソフトウェア、5G、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境、ネットワークベースの人工知能(AI)技術の分野でO-RAN Allianceの取り組みに参加する。

 Googleは、2020年3月に「Global Mobile Edge Cloud(GMEC)」戦略を発表している。Google Cloudが現在重視しているのは、5Gネットワークの収益化(特に法人向けのサービスやソリューション)、データドリブンな顧客体験、通信システムの運用効率の改善の3つの分野だ。

 次世代通信ネットワーク分野のビジネスの可能性を模索しているテクノロジーベンダーはGoogleだけではない。IBMは6月に、Verizon、Telefonicaと5Gおよびモバイルエッジの展開を拡大する目的で、ハイブリッドクラウドサービスを提供する契約を結んだことを明らかにしている

 IBMはまた、5Gネットワークの構築を検討している企業向けのプラットフォームである「IBM Cloud Pak for Network Automation」も発表している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]