第一生命、「Now Platform」で既存のシステム/データベース群を一元化

NO BUDGET

2021-06-30 17:39

 第一生命保険は、従業員の働き方のさらなる変革を実現するための基盤として、ServiceNowのクラウド型プラットフォーム「Now Platform」を採用した。

 同社はこれまで、オンプレミス基盤のグループウェア上でメインフレーム上の顧客や契約に関連するデータやプロセスのデータベースを構築し、それらを管理・閲覧・処理するためのEUC(End User Computing:基幹業務系システム以外のシステム群)を搭載して活用していた。

 しかし、その数は現在では約4000ものシステム、5万近いデータベースが稼動するに至り、しかもそれぞれのシステムやデータベースが十分連携されておらず、横断的なプロセスの管理やデータの活用が限定的となっていた。さらには単一のウィンドウ、あるいはポータルで情報にアクセスできる仕組みではなく、情報ごとやシステムごとに別々のウィンドウを開く必要があるなど、情報への導線が統制されていなかった。

Now Platform上に開発した第一生命のグループウェアのポータル画面イメージ
Now Platform上に開発した第一生命のグループウェアのポータル画面イメージ

 Now Platformについて同社は、既存のシステム群やデータベース群を一元化し、全社で共有されたデータをもとに、複数の部署間やチーム間にまたがる業務プロセスをエンドツーエンドで処理できることを評価している。

 今回の導入で、グループウェア上で構築したシステムやデータベースのみならず、基幹系システムをはじめとするあらゆるシステムとの連携が可能となった。またグループウェアのトップ画面上にある検索窓で探したい情報のタイトルを入力するだけで、即時に該当情報のリストを一覧化することができるようになった。さらにあらゆるモバイルデバイスにも対応していることから、いつでもどこからでも業務に必要な情報にアクセスできるようになった。

 グループウェア刷新に向けた導入プロジェクトは2020年度にスタートし、現在全てのシステムへの入り口となるグループウェアのポータルサイトは完成している。

 今後は統合ポータルからあらゆる情報を呼び出せるようにシステム群、データベース群の連携を進め、従来のグループウェア上で開発した業務アプリケーションをNow Platform上で稼動させる作業や、ノーコード/ローコード開発で新たなアプリケーション開発にも取り組んでいく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]