編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

紙やメールでの発注作業をウェブへ--作業時間を1時間から10分に、ミスを防止

藤代格 (編集部)

2021-07-01 07:15

 伊勢神宮参道で160ほどの席数を用意する「ゑびや大食堂」などを経営するゑびや(三重県伊勢市、従業員数43人)は、ウェブから受発注できる「BtoBプラットフォーム 受発注」を2019年に導入。

 発注方法をインターネットに変更し、約1時間の作業時間を10分に短縮したという。6月30日、サービスを提供するインフォマート(港区)が発表した。

 従来の発注業務は、取引先にあわせてメールやファクス、電話などを使い分けていたという。商品数や取引先が膨大なお土産品などは専念しても1時間ほどかかり、人件費や業務負担となっていたと説明。

 仕入れ業者と品物のほか、発注方法の組み合わせも把握する必要があり、担当の不在時や引き継ぎの際の課題となっていたという。ファクス用紙の紛失やメールの埋もれによって、発注の漏れや重複などもあったとしている。

 BtoBプラットフォーム 受発注を活用し、発注業務を在庫を見ながらの「iPad」の画面操作に変更。必要な物を現場でメモ、事務所で記入して送るという作業がなくなったという。

 履歴がシステムに残るため確認が容易になり、仕入れ数量の自動集計が可能。廃棄量を削減しつつ、1時間ほどの作業を10分に短縮できたという。引き継ぎも簡易化できたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]