編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

三菱商事とNTTデータ、国産RPAのグローバル展開で提携

ZDNet Japan Staff

2021-06-30 17:20

 三菱商事とNTTデータは6月30日、NTTデータのRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ソフトウェア製品「WinActor」を活用したグローバル事業で協業すると発表した。既に中南米地域で取り組みを開始しており、NTTデータは2024年末までに海外の企業・行政機関向けに5000ライセンスの提供を計画する。

 この協業は、2社およびNTTデータのブラジル子会社everis Brasilで展開される。三菱商事は、2019年12月にNTTと産業DX(デジタルトランスフォーメーション)推進で協業し、オランダの位置情報サービス提供事業者のHERE Technologiesへの共同出資、また、食品流通分野で「インダストリーワン」を合弁で設立するなどしている。加えて、三菱商事グループの三菱食品やメタルワンでWinActorを利用した業務効率化やプロセス改善にも取り組んでいるという。

 協業におけるWinActorのグローバル展開は、2020年10月にメタルワンのブラジル拠点(Metal One do Brasil Industria)が中南米地域における三菱商事グループ会社として初導入し、2021年1月には伯国三菱商事も導入と並行して社内の複数チームが作成したロボットソフトウェアをコンテストするイベントを開催し、経済・市場概況のレポート作成をはじめとする幅広い業務での活用を実証したとする。

 伯国三菱商事とeveris Brasilは、2021年3月にDX促進と実現のためのフレームワーク契約、5月にWinActorの中南米地域内への導入を含む協業契約をそれぞれ締結した。これによりブラジル、チリ、コロンビアなど中南米の10カ国でWinActorを展開していくことにしている。

 NTTデータは、2017年から三菱商事本社と海外を中心としたグループ67社に対する業務自動化の取り組みを支援しているといい、世界76カ国でWinActorの販売・サポート体制も整備済み。今回の協業により、三菱商事グループと連携したWinActorのグローバル展開を強化する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]