編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

NTTぷららとNTTロジスコで個人情報約800万件が漏えいの恐れ

ZDNet Japan Staff

2021-07-02 18:17

 NTTぷららとNTTロジスコは7月2日、約800万件の個人情報が漏えいした可能性があると発表した。NTTぷららは、NTTロジスコにセットトップボックス(STB)機器の配送を委託しており、6月30日にNTTロジスコのサーバーで不正アクセスが発生したという。

 NTTロジスコによると、不正アクセスは千葉物流センター(千葉県市川市)のA棟およびC棟で6月30日午前9時10分に発生した。同センターには物流システムがあり、不正アクセスはC棟にあるインターネット接続ポイントで発生したが、A棟にある物流システムに接続されたサーバーにも影響した。

 NTTぷららによると、NTTロジスコから連絡があったのは、不正アクセスが発覚した翌日の7月1日午前9時56分だった。NTTぷららがNTTロジスコに委託していたSTB機器の配送に関する個人情報は千葉物流センターのA棟で取り扱っており、個人情報を格納したフォルダへの侵入とファイルの滅失が確認された。

 漏えいした恐れがある情報の種類は、氏名と住所、電話番号、DRMID(STB機器固有の番号)、基本契約番号(ひかりTVの数字10桁の契約番号)、顧客番号(ISPぷらら/ひかりTVの数字10桁の契約番号)。クレジットカード情報と金融機関口座情報などの決済関連情報は一切含まれていないとする。

 NTTぷららは、NTTロジスコに委託している配送業務と業務処理するサーバーを全て停止したという。NTTロジスコは、感染元と想定される端末をネットワークから切り離し、全端末での不正プログラム検査、インターネット接続場所のセキュリティ対策の点検、物流で使用している全端末のパスワード変更を実施したと説明している。

 NTTロジスコは、迅速に原因究明を進めて逐次NTTぷららに情報共有を図るとし、NTTぷららは個人情報の漏えいが判明した場合に、対象顧客へ個別に書面で連絡するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]