編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

生みの親が語る「Python 4.0の可能性は低い」の真意と込められた思い

ZDNet Japan Staff

2021-07-03 08:00

 「Python 4.0」についてあまり期待してはならない。同人気プログラミング言語の生みの親であるGuido van Rossum氏が、日の目を見ることはおそらくないだろうと述べたからだ。

 「Microsoft Reactor」とのインタビューで、van Rossum氏はPythonの未来について、そして同プログラミング言語がバージョン4.0に到達するかどうかについて尋ねられた。

 van Rossum氏の回答は、Python 4というアイデアに同氏とPythonのコア開発チームのメンバーはあまり興奮していないというもので、その理由には、「Python 2」から「Python 3」(正式版は2008年にリリース)への移行時に学んだ貴重な教訓があるという。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]