編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

「Skype for Business Online」終了まで1カ月--マイクロソフトが注意喚起

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-06 12:26

 Microsoftは米国時間7月1日、グループチャットサービス「Skype for Business Online」のユーザーに対し、サービス終了日の31日が間近に迫っていると注意を促した。

 この日、Skype事業は比較的短い期間で1つの幕を閉じることになる。Skype for Businessは、同社がSkypeを85億ドルで買収した4年後の2015年にリリースされた。

 同社は過去2年間、Skype for Business Onlineのユーザーに「Microsoft Teams」への移行を促していたため、影響を受けるユーザーは心づもりができているはずだ。同社はすでに、何百万ものユーザーがTeamsに切り替えるのをサポートしてきたという。

 同社はTeamsへの移行を終わらせていない顧客に、アップグレード支援サービスを提供する。Teamsは現在、1億4500万人のデイリーアクティブユーザーを抱えている。

 8月から始まるアップグレード支援は、Teamsへの移行に伴う最終的な技術的要素について手助けするのが狙い。管理者には、「Microsoft 365 Message Center」や「Teams管理センター」を通じて、アップグレード支援が始まる90日前にスケジュール通知が送られる。顧客はアップグレード支援が始まる前に、自らアップグレードすることもできる。

 アップグレード支援が7月31日以降に設定されている企業は、アップグレードが完了するまで、Skype for Business Onlineを使用できる。

 同社によると、アップグレード支援を利用した移行の大半は、24時間で完了する見通しだ。顧客はその間、Skype for Business Onlineの機能を利用できる。Teamsへのアップグレードが完了すると、Teamsのメッセージ、ミーティング、通話の機能が利用可能となる。その後、すべての新規オンラインユーザーは「Teams Only」モードに追加される。

 アップグレード支援には2タイプあり、同社は次のように説明している。

  • Skype for Business Onlineのみ:このアップグレードは、「TeamsUpgradeOverridePolicy」をテナントに適用する。それ以降は、すべてのSkype for Business OnlineユーザーがTeams Onlyモードになる。
  • ハイブリッド環境のSkype for Business Online:このアップグレードは、Teams Onlyモードになっていないユーザーのみ、Teams Onlyモードに切り替える。「Skype for Business Server」は、このアップグレード支援の影響を受けず、オンプレミスのままとなる。

 また同社は、Skype for Business Onlineの連携サービスも、31日以降はサポート対象外になると警告した。これには、サードパーティーの音声会議プロバイダー、「Skype for Business Online Cloud Connector Edition」、ハイブリッド音声構成、「Skype Meeting Broadcast」が含まれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]