編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

レノボ、IoTやAI処理向けのエッジ端末2機種を発表

ZDNet Japan Staff

2021-07-06 12:20

 レノボ・ジャパンは7月6日、IoT向けエッジコンピューティング端末の新製品「ThinkEdge SE30」とAI(人工知能)処理向けの同「ThinkEdge SE50」を発売した。合わせてエッジコンピューティング製品の新ブランド「ThinkEdge」を発表した。

 同社は、オフィスや工場、一般社会においてIoTデバイスから収集するデータが加速度的に増加しているとし、今後エッジでの処理ニーズやパフォーマンスが必要なワークロードも増加すると予想する。2019年にThinkCentre M90n-1 Nano IoTでエッジ市場に参入し、今回は同分野への注力を強化すべく新ブランド「ThinkEdge」を立ち上げたとしている。

 新製品のThinkEdge SE30は、容積が0.81リットルサイズのコンパクトな筐体で、プロセッサーにインテル Core i5-1145GRE、インテル Core i3-1115GREを採用する。マイナス20~60度の幅広い稼働温度が特徴で、Microsoft Azure IoTおよぶAWS IoT Greengrassの認証を取得している。販売価格は15万8400円から。

 ThinkEdge SE50は、容積が約2リットルのファンレス筐体で、インテル Core i7-8665UE、インテル Core i5-8365UEのプロセッサーを採用する。グラフィックスに第3世代インテル Movidius VPUも搭載でき、画像分析やディープラーニングなど処理に適している。販売価格22万4400円からとなっている。

ThinkEdge SE50(出典:レノボ・ジャパン)
ThinkEdge SE50(出典:レノボ・ジャパン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]