編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

SAP、消費財や小売業向け顧客エンゲージメント基盤--KPIやROIを可視化

阿久津良和

2021-07-07 06:45

 SAPジャパンは7月6日、消費財や小売業を対象にオムニチャネルで顧客エンゲージメント向上を狙うプラットフォーム「SAP Emarsys Customer Engagement」の国内提供を開始したことを明らかにした。2020年11月に買収したEmarsysの製品を自社製品化したものであり、短期間でのマーケティングキャンペーン実行、主要評価指標(KPI)や投資対効果(ROI)の可視化といった機能を利用できる。

(左から)SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience 事業本部長 富田裕史氏、同社SAP Customer Experience事業本部 ソリューションエンジニアリング部長 臼谷悠太氏
(左から)SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience 事業本部長 富田裕史氏、同社SAP Customer Experience事業本部 ソリューションエンジニアリング部長 臼谷悠太氏

 SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience事業本部長 富田裕史氏は「われわれが考えるCX(カスタマーエクスペリエンス)はCRM(顧客関係管理)のようなフロントだけでは成し得ない。カスタマージャーニーをマーケティングの段階から購入後まで価値を届けるのがSAPのCX」と市場投入する意義を説明した。

ROIを追求しながら俊敏なマーケティング

 冨田氏によれば、マーケティングオートメーション(MA)市場は「レッドオーシャン」という。コロナ禍で電子商取引(EC)は盛んになり、メーカーが中間流通業者を通さずに自社のECサイトを通じて顧客に直接販売する「D2C」(Direct to Consumer)といったビジネスモデルも浸透しつつあるが、そこで重視されるのがMAツールである。

 SAPジャパンの説明によれば、MAツールを導入した企業の売り上げは向上しつつも、MAツールを導入するために外部パートナーの協力を必要とする企業は約80%にもおよぶ。一方で分析や戦略を立てる人材不足といった課題を抱える企業も少なくない。

 Emarsys Customer Engagementについて富田氏は「人材不足を仕組みでカバー。ROIを追求しながら俊敏性を持ってマーケティングを実施できる」のが特長だと説明した。

Emarsys Customer Engagementのダッシュボード Emarsys Customer Engagementのダッシュボード
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]