編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

相次ぐランサムウェア攻撃、米国がロシアに対処を求め警告

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-08 13:24

 ホワイトハウスは最近の一連のランサムウェア攻撃を受けて、ロシア政府が攻撃者に対して何らかの措置を講じなければ、米国がそうする心づもりであることを明らかにした。

 Joe Biden米大統領とロシアのVladimir Putin大統領の間で交わされているサイバー犯罪に関する議論は、米国東海岸の大半に燃料を供給するColonial Pipelineがランサムウェア攻撃の標的とされたことで、大きな転換点を迎えた。

 Biden大統領は6月、重要インフラはこの種のサイバー攻撃の「対象外」であるべきだと非難し、ロシアの管轄圏内で活動するランサムウェア実行グループを適切に管理するよう、Putin大統領に圧力をかけた。米国の諜報機関は、攻撃を仕掛けたのが1グループだとは考えておらず、サイバーセキュリティ専門家の多くは、ロシア国内を拠点に活動している複数のグループが背後にいるとみている。

 ランサムウェアの問題が再浮上したのは、米IT管理サービス企業のKaseyaが先週攻撃されたためだ。同社のリモート管理・監視ソフトウェア「VSA」が侵害され、約1500社が影響を受けた可能性がある。被害に遭った重要インフラプロバイダーはごくわずかなようだが、スウェーデンのスーパーマーケットチェーンCoopは、多数の店舗が現地時間7月4日〜6日にかけて、レジシステム交換のために休業を余儀なくされた。

 サービスとしてのランサムウェア(RaaS)を提供する「REvil」は、金を払うサイバー犯罪者にサービスを提供している。攻撃者は、Kaseyaと同社の顧客であるマネージドサービスプロバイダー(MSP)、そしてMSPの顧客が利用できる汎用の復号ツールの見返りに、7000万ドル(約78億円)を要求している。ホワイトハウス報道官のJen Psaki氏は米国時間7月6日、ロシアを拠点に活動するサイバー犯罪に対して、米国がどのように対応する意向であるかを明らかにした

 「Biden大統領はPutin大統領と会談した際に、ロシア政府が、ロシアに居住する犯罪者に対処できない、もしくは対処しないのであれば、米国が代わりに行動を起こす、もしくは行動を起こす権利があることを明確に伝えている」(Psaki氏)

 Psaki氏によると、米国の国家安全保障に関する上層部のチームが、同じくロシアの上層部と、攻撃について協議しているという。

 また同氏は、ランサムウェアの犯罪グループがロシア政府の容認の下で活動しているわけではないとしても、攻撃を阻止する責任はロシアにあるというのが、「米大統領と米国政府の見解だ」と述べた。

 6月に開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の首脳らは、ランサムウェア実行グループが活動する国々に対して、強固な姿勢をとるように警告した。最終的に、Colonial Pipelineは攻撃者に400万ドル(約4億4000万円)、米食肉加工大手JBSもREvilを利用した攻撃者に1100万ドル(約12億円)の身代金を支払っている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]