編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マイクロソフト「Teams」でセールスフォースのデータにアクセス可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-09 10:53

 「Microsoft Team」向けのSalesforceのアプリがより広範に利用可能になった。

 Team向けのSalesforceアプリは2020年10月からプレビュー版が提供されている。これを利用すれば、TeamsとSalesforceの共同顧客がTeamsのチャネルやチャットの中で、商談や取引先、ケース、連絡先、リードなどに関するSalesforceのさまざまなレコードをメンションできる。「Slack」向けのSalesforceアプリと同様の機能を実現している。

 Microsoftはブログの中で、TeamsのSalesforceアプリが一般提供(GA)されたことを明らかにした。このアプリは、「コラボレーションアプリ」という「新たな分野」に属するものだと説明している。

 同社は、「このアプリによって『Salesforce Sales Cloud』や『Salesforce Service Cloud』を使用する営業チームとサービスチームは、Teamsのワークスペース内に取引先のデータやレコードを取り込み、より良いコラボレーションにつなげることができる。営業担当者とサービス担当者は重要なデータを見つけ出すためにウィンドウを切り替える必要がなくなる。単一のワークスペース内ですべてが完結するため、チームは同じ情報を共有しつつ、効率的に作業を進められるようになる」と述べている。

 Salesforceは2020年12月、法人向けチャットプラットフォームを手掛けるSlackを277億ドル(約3兆円)という同社史上最高額で買収すると発表した。Salesforceは「Slack Connect」と「Salesforce Customer 360」の融合を目指しており、SlackはCustomer 360のフロントエンドになるという。

 SalesforceとMicrosoftはそれぞれ、CRM分野ではSales Cloudと「Microsoft Dynamics」を、アナリティクス分野では「Tableau」と「Microsoft PowerBI」を武器にして競合している。

 SalesforceによるSlackの買収を機に、Microsoftとの間で新たな戦いが始まったとの見方があるとはいえ、両社が協力する余地はある。TeamsはSlackのようなチャット機能と、「Zoom」のようなビデオ会議機能の双方を提供している一方で、Slackはどちらかというと法人向けのチャット機能に重点を置いている。

 Microsoftは競合サービスとの連携が、コロナ後のハイブリッドな顧客エンゲージメントに有用だと考えているようだ。

 同社は、「セールスチームは、彼らのチームや顧客とやり取りしてシームレスな購入体験を提供する中で、取引先について直近の適切なコンテキストを持つ必要がある」としている。また、サービスチームはオープン中のケースに対する調整時間や応答時間を短縮することで、顧客満足度の向上とサポート負荷の軽減が実現できる。また、TeamsとSalesforce製品との切り替えで生じる生産性の障壁も除去できる。

 TeamsとSalesforceの共同顧客は、Salesforce for Teamsアプリによって以下のことが可能になる。

  • SalesforceのレコードをTeamsのチャネルタブやチャットにピン留めし、容易に見つけ出せるようになる。
  • Teams内からSalesforceのレコードを直接編集できるようになる。
  • Teamsのチャネルタブやチャットタブ上にピン留めされた「Salesforce Chatter」フィードのレコードに重要な対話モーメントを投稿できるようになる。
  • Salesforceのレコード(商談や取引先、ケース、連絡先、リード)をTeamsのチャネルやチャットでメンションし、コラボレーションを促進できるようになる。
  • Teamsのチャネルやチャットでメンションされたレコードに関する詳細をプレビューできるようになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]