編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

爆発的成長で快進撃--「Python」はいかにして最も有力な言語になったのか

ZDNet Japan Staff

2021-07-10 08:00

 「Python」プログラミング言語が存続しなかったかもしれない理由はいくつかあるが、その存在に感謝している開発者やデータサイエンティストは膨大な数にのぼる。Pythonは少なくとも2つの異なるコミュニティーに分岐する可能性があったが、そうはならなかった。

 発展と繁栄を遂げるためには、「Go」や「Swift」のように企業から多額の資金提供が必要だったはずだが、実際には不要だった。データサイエンスの分野では「R」に注目が集まり、Pythonは相手にされないとみられていたが、そうなってはいない。

 むしろ、Pythonは世界で最も有力なプログラミング言語の1つとして成長を続けている。それには十分な理由があるし、断片化や先述のどの問題も起きなかったことにも妥当な理由がある。

 Anacondaの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるPeter Wang氏は筆者に対し、Pythonの持続的で「間違いなく爆発的な」成長と、他のプログラミング言語が追いつけそうにない理由について語った。

Pythonには特別な何かがある

 Pythonは、筋金入りのデータサイエンティストからプログラミング初心者の大学生まで、幅広いユーザーを魅了している。これは意図したとおりの結果だ、とWang氏は語る。Pythonがデータサイエンティスト向けの第1級のツールとして進化する中で、同氏のAnacondaは中心的な役割を果たしてきた。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]