編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
調査

2020年の国内ITサービスベンダーランキング、NTTデータが2位に上昇

ZDNet Japan Staff

2021-07-12 15:45

 IDC Japanは、2020年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。上位5社は富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMで、NTTデータは中央省庁向けのマネージドサービスの拡大により3位から2位に順位を上げたという。

 同社は、2020年の同市場が前年比2.8%減の5兆6834億円だったと予想。サービスセグメント別で見ると、プロジェクトベース市場が前年の特需の反動減と新型コロナウイルス感染症の影響で、上位10社中7社がマイナス成長だった。マネージドサービス市場は、新型コロナウイルス感染症の影響が限定的で、上位10社中6社がプラス成長だった。サポートサービス市場は、ハードウェアサポート市場の縮小傾向の継続、前年特需の反動減と新型コロナウイルス感染症の影響で上位10社中9社がマイナス成長だった。

 産業分野別で見ると、金融向けは新型コロナウイルス感染症の影響が比較的小さく、上位10社の順位に変動はなかった。製造向けは新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、上位5社は全てマイナス成長だった。政府/公共向けは、中央省庁向けでは新型コロナウイルス感染症の影響が比較的小さかった一方、地方自治体は大きく、前年特需の反動減も影響して、ベンダーの成長率にばらつきが見られるという。

 前年比売上成長率が最も高い大手ITベンダーは、前年に続いてアクセンチュアだった。全産業分野で2桁台のプラス成長を遂げ、ITサービス事業の拡大が続いているとする。IDC JapanでITサービス リサーチマネージャーを務める木村聡宏氏は、「低成長が続く見込みの国内ITサービス市場でITサービス事業者は、収益力の向上と増加するアジャイル開発やDevOpsに不可欠な開発力の強化に取り組むべきである」と述べている。

国内ITサービス市場 上位7社の売上額(サービスセグメント別)、2020年(出典:IDC Japan)
国内ITサービス市場 上位7社の売上額(サービスセグメント別)、2020年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]