編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

IIJ、BLEセンサー用いたIoTスターターパッケージを発売

NO BUDGET

2021-07-14 06:00

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、市場に広く普及している安価なBluetooth Low Energy(BLE)センサーを利用して手軽にIoTシステムを構築できる「BLE IoTスターターパッケージ」の提供を開始した。

サービスイメージ
サービスイメージ
Acty-G3製品イメージ
Acty-G3製品イメージ

 BLEは、近距離無線通信技術のBluetoothの拡張仕様の一つで、省電力に特化した通信方式。Bluetooth 4.0規格の一部として2010年7月に策定されている。

 同パッケージは、BLEセンサーから収集したデータをクラウドに送るためのゲートウェイ機器(Acty-G3)と専用アプリケーション、データを保存、可視化するクラウドサービス(IoTプラットフォーム)を一括で提供する。

利用シーン
利用シーン

 温湿度や二酸化炭素濃度などの環境データ収集、位置情報、設備監視などIoT用途に幅広く利用できる各種BLEセンサーに対応しており、複雑な設定やプログラミングをすることなくすぐに利用できる。クラウドサービスへのデータ送信は、モバイルの閉域網接続で行うため、センサーデータの収集やデバイス管理を安全な通信環境で利用できる。

 ゲートウェイ機器の「Acty-G3」(CYBERDYNE Omni Networks製)は、IPX5防水機能に加え、マイナス20~55度の温度に対応し環境を選ばず使用できる。また、eSIM対応のカスタムモデル「Acty-G3e」も選択でき、IIJのeSIMと組み合わせて運用できる。物理的なSIMカードが不要で、接触不良による通信障害などを低減したり、耐久性の向上やSIMカードの盗難抑止にもつながる。

 IoTに特化したプラットフォーム「IIJ IoTサービス」とセキュアな通信を保つ閉域ネットワークを提供することで、データの可視化、閲覧、保存のほか、デバイスの監視や遠隔操作などができる。クラウドとゲートウェイ機器間の通信は閉域ネットワークで安全性を確保するため、不正アクセスなど外部からの脅威にさらされるリスクを回避できる。

 ゲートウェイアプリケーションは、センサー登録については、デバイス周辺のBLEセンサーをスキャンし、システムで使用可能な状態にする。センサーのデータをIIJ IoTサービスにアップロードし、ゲートウェイ機器の位置情報も同様にアップロードする。

IoTサービス画面イメージ
IoTサービス画面イメージ

 IIJ IoTサービスはセンサーから送信されたデータの値をグラフで可視化し、同データの値がしきい値を超えた場合に、メールやチャットで通知する。ゲートウェイ機器から送信された位置情報を地図にプロットすることもでき、デバイスのゲートウェイアプリケーションの設定、コントロールも可能。また、センサーデータを保存できるクラウドストレージや各種クラウドサービスと連携する機能も用意している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]