編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

レイアウトを変える--住所録のiPhone版も作ってみる - (page 2)

伊達諒

2021-07-21 07:00

iPhone用レイアウトの作成

 レイアウトは複数作ることができます。同じ「住所録」のデータを使い、複数の表示を使い分けることができます。iPhone用のレイアウトを作ってみましょう。

(1)新規レイアウトの作成

 メニューの「表示」から「レイアウト」モードを選択します。左上の「新規レイアウト/レポート」か、メニューの「レイアウト」→「新規レイアウト/レポート…」を選択します(図12)。

図12 図12
※クリックすると拡大画像が見られます

 そうすると、次の画面(図13)が表示されます。

図13 図13
※クリックすると拡大画像が見られます

 タッチデバイスを選択すると、「iPhone」や「iPad」などのタッチデバイスで表示したときに最適な表示になるようになっています。今回は、「タッチデバイス」の「iPhone」を選択します。そうすると、表示が「iPhone」に切り替わるので、「フォーム」を選択し、左下にあるアイコンで縦向きか横向きかを選択してから、「完了」ボタンをクリックします(図14)。

図14 図14
※クリックすると拡大画像が見られます

 「完了」ボタンをクリックすると次の画面(図15)が表示されます。

図15 図15
※クリックすると拡大画像が見られます

 iPhone用の、縦長の画面になっています。

(2)フィールドの設定

 新規レイアウトでは、フィールドは配置されていないので、フィールドを配置する必要があります。フィールドは左側のパネルにあります。まずは、「氏名」をクリックして、左から中央にドラッグしてください(図16)。

図16 図16
※クリックすると拡大画像が見られます

 同じように、「住所」「電話番号」「メールアドレス」を左から中央にドラッグします(図17)。

図17 図17
※クリックすると拡大画像が見られます

 iPhoneは縦長なので、フィールドの位置をラベルの下に配置してみましょう(図18)。

図18 図18
※クリックすると拡大画像が見られます

 だいぶ見やすくなりました。

(3)タイトルを付ける

 先ほどと同様、タイトルを設定します。上部にある「レイアウト」ツールから「T」をクリックして、上部ナビゲーションの部分にドラッグしてテキスト枠を設定します。テキスト枠に「住所録」と入力します(図19)。

図19 図19
※クリックすると拡大画像が見られます

(4)タイトルの文字サイズの変更

 右の「パレット」のタブを選択し、下にスクールすると、「テキスト」というところがあるので、フォントサイズを「16」から「24」に変更します(図20)。

図20 図20
※クリックすると拡大画像が見られます

(5)ブラウズモードで表示を確認

 メニューの「レイアウト」→「レイアウトの保存」を選択します。次にメニューの「表示」→「ブラウズ」モードを選択します。そうすると次の画面(図21)が表示されます。

図21
図21

※クリックすると拡大画像が見られます

 iPhoneで見やすい画面になっています。

(6)レイアウト名の変更

 「新規レイアウト」のところでもレイアウト名を設定できたのですが、レイアウト名はいつでも修正できますので、その方法を紹介します。メニューの「表示」→「レイアウト」モードを選択し、メニューの「レイアウト」→「レイアウト設定」を選択します。次の画面が表示されるので、レイアウト名を「iPhone用画面」と入力して、「OK」ボタンをクリックします。メニューの「レイアウト」→「レイアウトの保存」を選択します(図22)。

図22
図22

※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]