編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

グーグル、認証局サービス「Google Cloud CAS」を一般提供

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-07-15 16:26

 Googleは米国時間7月13日、「Google Cloud Certificate Authority Service(CAS)」の一般提供(GA)開始を発表した。

 プロダクトマネージャーのAnoosh Saboori氏は、10月にパブリックプレビュー版を発表して以降、市場で「大いに歓迎」され、「革新的なユースケース」が見られると述べた。

 Google Cloud CASは、プライベート認証局の管理やデプロイを自動化できるほか、公開鍵基盤(PKI)の管理も容易に行うことができるスケーラブルなサービスだ。Googleは、クラウドサービスの台頭や、IoTやスマートデバイスの普及、コンテナーへの移行、次世代の高速なコネクティビティの登場などにより、「デジタルな世界で証明書がかつてないほど増加していることに対応する」ために提供するプラットフォームだとしている。

 CASのユーザー企業のユースケースには、アイデンティティ管理、データ伝送に関連するセキュリティの強化、デジタル署名サービスの開発などでCASを導入した例があるいう。

 また、Googleは新たなユースケースとして、IoTなどでCASを「従量課金」のソリューションとして利用できるとしている。

 Saboori氏は、「私たちは、無線充電器、USB機器、ケーブルといったIoTの周辺機器を開発している中小企業で証明書が必要だとする声があるとみている」として、「このような企業はPKIや認証局(CA)に投資したいと考えない。彼らの中核とする事業ではなく、市場規模を考えると経済性が理にかなわないためだ」と説明した。

 今回、CASのパートナーシッププログラムにKeyfactor、Jetstack、Smallstepが加わった。これまでに、VenafiとAppViewxがパートナーとなっている。

 Keyfactorは新たなパートナーシップについて発表したブログの中で、PKIとデジタル証明書の採用拡大に伴う課題を2つ挙げている。需要に対応するためにPKIをスケールさせる手段、組織全体で非常に多くの証明書を管理する方法だ。

 Keyfactorは次のように述べている。「ハイブリッド、マルチクラウドのインフラの時代を生き抜くために、ITチームとセキュリティチームは、PKIのデプロイとデジタル証明書の管理のあり方を真剣に考え直す必要がある。成功の鍵は、あらゆるプラットフォームとデバイスで証明書を管理する、シンプルで繰り返し使えるプロセスだ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]