編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ウェブ会議市場、2020年度は倍増--ウェビナー、オンラインイベントで堅調に成長

藤代格 (編集部)

2021-07-19 07:15

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月15日、国内のウェブ会議市場予測を発表した。2020年度の売上金額は前年度比130.7%増の257億円で2倍強の市場規模へ成長。なかでもトップベンダーが大きく躍進したという。

 2020年からのコロナ禍で在宅勤務が急速に広がり、ウェブ会議の導入が急拡大。テレワーク環境下での従業員間、取引先企業とのコミュニケーション手段の一つとして活用されている。

 コロナ禍収束後も、一定数の企業で在宅勤務が定着すると予測。勤務場所に寄らず打ち合わせできるウェブ会議は引き続き活用されるという。伸びは鈍化するが、市場は成長すると説明している。

 昨今はウェビナー、オンラインイベントといった不特定多数へのオンラインでの情報発信に活用する場面が増加しており、社内外の会議を目的とする従来のウェブ会議需要の鈍化をカバーしつつあるという。2020~2025年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)を13.2%と予測している。

 ITRのシニア・アナリストの舘野真人氏は、「ウェブ会議はコロナ禍の影響で市場規模が最も大きく拡大した分野の一つ。品質に対する要求水準も急速に高まっており、シェア上位ベンダーによる寡占化が進行している。サービス基盤の拡充や機能の追加に必要なリソースが不足しているベンダーは淘汰される可能性がある。

 今後は、ハードウェアと一体化した据え置き型サービスの需要が拡大する」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]