編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Rapid7、脅威インテリジェンス分野のIntSights Cyber Intelligenceを買収

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-20 13:01

 セキュリティ関連の運用自動化テクノロジーを手がけるRapid7は米国時間7月19日、「ネットワークの外側に存在する能力」を獲得するために、ニューヨークに拠点を置く株式未公開企業IntSights Cyber Intelligenceを買収したと発表した。Rapid7はこの買収で現金と株式により約3億3500万ドル(約370億円)を支払う。

Rapid7 buys outside-the-perimeter security firm IntSights for $335 million

 Rapid7はプレスリリースで、デジタル変革という現象を、ネットワークの「境界」が「指数関数的」に拡大するものだと表現している。

 Rapid7は、「(同社の有する)コミュニティーを取り込んだ脅威インテリジェンスと顧客環境に対する深い理解を、IntSightsの外部脅威インテリジェンス能力と組み合わせていく」としている。

 IntSightsは、イスラエルの軍事情報部隊のベテランたちによって2015年に設立された。同社はGlilot Capital InvestmentsやBlackstone Group、Blumberg Capitalなどから7100万ドル(約78億円)のベンチャーキャピタル資金を調達している。

 IntSightsは、自社の脅威インテリジェンスプラットフォーム(TIP)によって、顧客のネットワーク境界に達する前に攻撃を検出できるとし、その特徴の1つとして「ダークウェブのやりとりに耳を傾けることで、次にどのような攻撃が仕掛けられるのかについての極めて詳細な情報が得られる」点を挙げている。

 Rapid7は2000年に創業し、ボストンに拠点を置いている。

 またRapid7は同じプレスリリースで、同社の2021会計年度第2四半期(6月30日締め)における売上高と純利益が従来予測を上回るとともに、通年の経常利益が前年比29%増の4億8900万ドル(約535億円)になる見込みだと発表した。8月に正式な決算を発表する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]