編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

マイクロソフト「Teams」の「Windows 11」統合、Insider向けにプレビュー開始

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-21 12:26

 Microsoftは米国時間7月20日より、「Microsoft Teams」のチャット機能を「Windows 11」と統合するテストを開始した。「Windows Insider」を対象に段階的に提供する。新しいTeamsのチャットボタンは、Windows 11のタスクバーに組み込まれる。「Windows 10」で利用できるSkypeの「Meet Now」ボタンに代わるものとなりそうだ。

 テスターは、タスクバーの「Chat」アイコンをクリックして(または、キーボードで「WIN」+「C」を押して)、最新のTeamsの会話を確認したり、新しいチャットや通話を開始したりすることができる。完全なTeamsアプリを開きたい場合は、Chatのフライアウトから「Open Microsoft Teams」(Microsoft Teamsを開く)オプションをクリックするか、「Start」(スタート)メニューや「Search」(検索)から直接起動する。

 Microsoftは現在、TeamsクライアントをWindows 11向けに再設計している。Windows 11との親和性を高め、新しい「Microsoft Store」から入手できるようにしようとしている。新しいバージョンは、「Electron」アプリではなくなる(「Edge WebView2」アプリになる)ようだ。ライト/ダークモード、「Together」モード、ライブ絵文字でリアクションを送信する機能のほか、投票機能、カレンダーとの統合、チャットで共有されているファイルや写真のリッチビューなどをサポートする。Skypeと「Outlook」の連絡先を自動で同期するオプションもある。

 Windows 11にTeamsを統合する今回の最初のテストは、英語(米国)のみをサポートする。今後、さらなる言語と地域のサポートが追加されていく予定だ。オフラインモードにはまだ対応していない。現時点では、すべての機能が利用可能になっているわけではないが、数週間中にInsiderを対象にさらなる機能を段階的に導入する。個人またはグループの音声通話やビデオ通話と会議、ステータスの設定、画面共有などが提供されるという。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]