編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Palantir、新興企業向け「Foundry for Builders」を立ち上げ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-21 13:49

 データ分析企業のPalantir Technologiesは米国時間7月20日、新興企業や中小企業向けのイニシアチブである「Foundry for Builders」の立ち上げを発表した。同社は、顧客ベースを大企業や公的機関以外に拡大しようとしている。

 ソフトウェア企業は、草の根的な開発者や小規模企業とともに出発し、その後規模を拡大していく、あるいは最初から大規模に開始し、徐々にプラットフォームをより利用しやすいものにしていくかのいずれかとなる場合が多い。Palantirは後者だが、そこから下流に向けて展開していく動きを成功に導くという困難な道をたどっている。Palantirは、同社のプラットフォームを企業がよりアクセスしやすく、すぐに利用できるものにしようと取り組んでいる。直近の四半期時点で149の顧客を擁するが、ほとんどは大規模組織だ。

 同社は2021会計年度第1四半期に、契約総額が500万ドル(約5億5000万円)以上の契約を15件締結し、そのうち6件は1000万ドル(約11億円)以上だったと報告していた。

 Foundry for Buildersは、新興企業をサポートし、その成長とともに規模を拡大していけるようになっている。このイニシアチブでは、データ運用システムを構築するための「Palantir Foundry」プラットフォームを提供し、サポートする。

 これは、Palantirが初期プラットフォームを提供し、企業とともに成長させていけるという考えに基づいている。Foundry for Buildersはサブスクリプション形式で販売される。まずPalantir出身者と関わりのある企業に提供し、その後、初期段階の企業へと対象を順次拡大していくという。

 Foundry for Buildersの初期顧客には、Chapter、Hence、Adyton、Gecko Roboticsといった新興企業が含まれている。これらの新興企業はそれぞれ、ヘルスケアや法律、フィンテック、ロボティクスに注力している。

 Palantirはこのイニシアチブの下、クラウドホスティングやデータ統合のほか、アナリティクスやモデル構築、意思決定サポートのツールを含む、マネージドSaaSとしてPalantir Foundryを提供していく。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]