編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

メタウォーター、基幹システムを「SAP S/4HANA」で刷新

ZDNet Japan Staff

2021-07-21 16:51

 水・環境エンジニアリング企業のメタウォーターは、基幹システムが老朽化、複雑化しているのに伴い、SAPの「SAP S/4HANA」で刷新することを決定し、7月に導入プロジェクトを開始した。SAPジャパンとプロジェクトに参加するNTTデータ グローバルソリューションズが発表した。

 メタウォーターは、機械技術や電気技術、情報通信技術、運転・維持管理ノウハウを生かした水道、下水道、資源環境の事業を展開している。現在は業務改革とビジネスモデル変革の取り組みを進めているが、現行の基幹システムでは、これらの変革に連動したシステムへの要望に柔軟に対応できない課題を抱えていたという。

 新しい基幹システムの検討では、現状分析と新しい業務およびシステムの計画を立案、主要な業務領域でS/4HANAの標準機能を適用できることや、建設エンジニアリング業界でのSAPシステムの導入事例を活用できること、また、インメモリーデータベースでリアルタイムなデータ戦略を実現できることや、最低でも2040年までS/4HANAがサポートされる点などを評価し、採用を決めた。

 新システムでは、財務会計や工事会計、管理会計、販売・調達などの業務データをS/4HANAで一元的に管理するという。プロジェクトでNTTデータ グローバルソリューションズは、SAP認定のテンプレートである「GBMT」や同業界での業務知見を生かし、導入を進めていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]