データ統合自動化サービス「trocco」に「データリネージ機能」が追加

NO BUDGET

2021-07-26 13:14

 primeNumberは、データ統合自動化サービス「trocco」に「データリネージ機能」を追加した。今後の機能強化が予定されている「メタデータ管理機能」の第一弾となる。

 troccoは、従来ITエンジニアが手作業で行っていたデータ統合プロセスを自動化するSaaS。「メタデータ」は、データの意味・状態・依存関係といったデータに付随する情報のことで、分析者がデータを理解したり、素早く正確に分析したりするためには「メタデータ管理」が重要になる。「メタデータ管理」は注目が集まる一方、支援サービスがほとんどなく、多くの企業は未だに手作業で管理を行っていることが多い。

データリネージ機能画面イメージ
データリネージ機能画面イメージ

 troccoは、データ統合を行う際にメタデータを含むさまざまなデータへの接続を行うため、メタデータにアクセスして管理しやすいという。データリネージ機能は、データエンジニアが障害発生時に影響範囲を迅速に確認したり、分析基盤の全体像を簡単に把握・共有したりする作業に利用する。troccoの管理画面上で簡単にデータ同士の依存関係を把握・管理できるようになる。

データセット名、テーブル名などでフィルタリング可能
データセット名、テーブル名などでフィルタリング可能
ハイライト機能
ハイライト機能

 データリネージ機能はデータセット名、テーブル名などでフィルタリングし、必要なデータリネージ(データ処理の経路)のみを取り出し、見やすくすることができる。

 またデータの処理方法が「追記」(既に登録されているデータに加え、新規データを追記する)か「洗い替え」(既に登録されているデータを全削除の上、新規データに洗い替える)かをハイライトで判別する機能がある。これにより、元データが破損した際にも、元データのみを修正すれば良いのか、元データと追記先データの双方を修正する必要があるのか瞬時に確認できる。

 primeNumberでは今後、メタデータ管理機能の追加として、各種データソースから、テクニカルなメタデータ(フィールドの日本語表記名や説明、制約情報など)を自動収集し、「Google Cloud Data Catalog」などのメタデータレポジトリー(保管庫)に統合する機能などを予定している。

 またビジネスメタデータ(売り上げが税込か税別かといった、ビジネスルールに関わるメタデータ)を入力・管理しやすい画面や、ビジネスメタデータが更新されていない場合のサジェスト・アラート機能などの追加も実施する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]