「紙の縛りがなくなっている」電子契約の導入で考えたいポイント - (page 2)

阿久津良和

2021-07-27 06:45

 ネオキャリアの「Signing」は「iTrust電子署名用証明書」「iTrustリモート署名サービス」を利用した電子契約サービスである。同社は電子契約サービスの選定ポイントとして「契約書準備」「契約終結」「契約書管理」の3段階による優位性を提示した。

 同社事業戦略本部 プロダクトデザイン部 部長で最高プロダクト責任者(Chief Product Officer:CPO)の松葉治朗氏は、契約書準備の段階で「ひな形を登録し、公開範囲を制限することで素早く締結できる。社内承認を必要とすることで不正を防ぐことも可能。書類ごとに利用する管理項目を自由に指定できる」と自社サービスの特徴を並べ上げた。

 契約時も契約先のサービス登録は不要で、SMSで届いたメッセージのURLを開くことで、契約処理を進められると説明。また、書類入力時は契約書の画像ではなく入力フォームを用意することで、日付や数値などの入力を簡素化したという。

 さらに任意の身分証明書を撮影してアップロードする機能を備えることで、本人確認工程も省略している。契約完了後は契約書の管理が必要になるが、Signingは階層型のフォルダー管理機能や閲覧権限の付与機能を用意。所属単位の権限付与で、異動や新入社員に対する設定変更を必要としないと説明している。

「Signing」の概要 「Signing」の概要
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]