編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

竹中工務店、スマートグラスで建設現場の映像をTeamsで共有--3~5割の時間削減

藤代格 (編集部)

2021-07-28 06:45

 竹中工務店(大阪市中央区、従業員数7741人)は、建設現場を遠隔支援で業務効率化すべく、Androidベースの産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」を活用。対象業務時間を従来比で3~5割削減できると実証したという。

 7月27日、検証したITベンダーの日本システムウエア(NSW、渋谷区)が発表した。

 建設現場では、コロナ禍に伴う移動制限で専門知識を有する職員が現地対応できず、工期が遅れるというリスクが向上しているという。

 2020年11月から2021年6月、竹中工務店が社内コミュニケーションツールとして活用する「Microsoft Teams」を経由してRealWearを装着した作業者の映像を共有し、リアルタイムかつ遠隔での現場を支援したとしている。

 複数の関係者が遠隔から参加できるため、移動時間を削減、手戻りを防止。プロジェクトの生産性の向上、従来比3~5割の業務時間削減などが見込めるという。

 両手を自由にできるため安全性確保という効果もあり、有事における事業継続にも貢献できるとしている。

作業イメージ(出典:NSW) 作業イメージ(出典:NSW)
※クリックすると拡大画像が見られます
活用イメージ(出典:NSW) 活用イメージ(出典:NSW)
※クリックすると拡大画像が見られます

 HMT-1は、防水、防塵、音声認識に対応し、100%ハンズフリーが実現できるというなヘッドマウントコンピューター。ワシントンに本社を置くRealWearが開発、製造している。

 NSWは2019年8月からプラチナパートナーとして販売、キッティングなどを提供。税別販売価格は29万8000円から。防爆にも対応、92万8000円からの「HMT-1Z1」も用意している。

製品スペックなど(出典:RealWear) 製品スペックなど(出典:RealWear)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]