編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

企業全体をデジタル化するならアジャイルプロセスを検討すべき理由

ZDNet Japan Staff

2021-08-01 08:00

 急激に変化するビジネス環境において、企業の成功には俊敏性が欠かせません。現在の企業の大きな課題は、新しい機会や競争の脅威に対して、できるだけ迅速かつ効果的に対応できる組織になるかということです。迅速に変化することができない組織は、市場の変化を捉えるのが遅く、顧客のニーズを把握できなくなってしまうという問題に直面しています。

 技術におけるアジャイルプロセスは、企業がデジタル時代の新しいアプリケーションを導入するために採用している新しいアプローチです。アジャイルプロセスを実行するには、下記4つの要素が不可欠です。

  1. 新しいソリューションが企業において機能するかどうかの迅速なコンサルティングと評価
  2. ソリューションの設計
  3. うまく機能するかどうかを見極めるテストや検証
  4. 迅速かつ費用対効果が高い方法で成功すること

 さらに、重要なことはアプリケーションの設計からアジャイルプロセスに対応すること、企業全体でアジャイルプロセスを適用することです。敏捷性がある企業は、時間とリソースの投資を減らし、リスクを最小化することができると同時に、多くの経験を積むことで改善点を迅速に把握することができるようになります。企業は、新しいソリューションを開発、検証しながら、そのアプローチを最適化することができるのです。


 アジャイルプロセスを採用すると、数カ月かかっていたソリューションを構築するために必要な時間を、数週間もしくは数日単位に最小化できます。アジャイルプロセスの大きな課題は全体のコンセンサスを取ることですが、それは逆に、アプリケーションの開発から利用までの全ての段階でアジャイルプロセスを導入するという絶好の機会であると、筆者は感じています。

 組織がどのようなカスタムアプリを必要としているかは、そのビジネスによって異なりますが、国や事業レベルでみると、そのニーズはさらに明確になります。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]