編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

東京海上日動、ブルームバーグのソリューション採用--DXによる事業変革に向け

NO BUDGET

2021-08-03 17:24

 東京海上日動火災保険(東京海上日動)は、デジタル変革(DX)による事業変革の一環として、ブルームバーグのビークオンツエンタープライズソリューション「BQuant Enterprise Solutions」(BQuantエンタープライズ)と、機関投資家の金融機関向け注文管理システム「アセット&インベストメントマネジャー」(AIM)を採用した。東京海上日動は国内で初めて、BQuantエンタープライズを採用したという。

 BQuantエンタープライズは、金融市場のクオンツアナリストやデータサイエンティスト向けのクラウドベースのプラットフォーム。導入後はすぐに稼動し、カスタマイズも可能。同ソリューションには、金融に特化したツール、サービス、ライブラリーが備わっており、さまざまな資産クラスのファクターモデル、バックテスト、ポートフォリオ分析ができる。東京海上日動は、クオンツ投資アイデアの発掘や戦略の検証などにおいてBQuantを活用する。

 AIMは、総資産額17兆米ドルを超える90カ国/900社以上の約1万5000人の運用担当者に利用されている。ブルームバーグはAIMとPORTエンタープライズをバイサイドソリューションとして提供しており、複数の大手資産運用会社、ヘッジファンド、保険会社、年金基金、政府機関が利用している。

 東京海上日動は、資産運用業務においてもデジタル技術を徹底活用し、業務の自動化と効率化を進める。またブルームバーグとの協業により、DXを加速させる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]