編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

AWSが「IE 11」のサポート終了を告知--新しいブラウザーへの移行を促す

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-03 13:17

 Microsoftはまもなく「Microsoft 365」のアプリに対する「Internet Explorer 11」(IE 11)のサポートを終了する予定だが、Amazon Web Services(AWS)も、ユーザーに対して近日中に主なウェブサイトやアプリケーションでIE 11のサポートを終了すると告知した

 AWSは、2021年7月31日から2022年7月31日にかけてIE 11のサポートを段階的に終了する。同社は7月31日付けで、「AWSマネジメントコンソール」の新機能や新しいウェブページがIE 11で正常に機能することを保証しなくなった。

 新たに投稿されたブログ記事によれば、既存の機能やページに関するIE 11関連の不具合は当面の間修正を続ける。一方で、同社は間もなく、ユーザーに対して新しいブラウザーへのアップグレードを促すリマインダーの表示を始める。

 同社は、「2021年後半」に、IE 11を使用してAWSのページやアプケーションにアクセスしているユーザーへのポップアップ通知の表示を開始する。その際、「Chromium」ベースの「Microsoft Edge」や、「Firefox」「Chrome」などの新しいブラウザーへのアップグレードへの促すメッセージも表示されるという。

 IE 11に対するサポート品質が低下するウェブサービスには、「Amazon Chime」や「Amazon Honeycode」などのウェブベースのサービスや、「AWSのドキュメント」「AWS Marketing」「AWS Marketplace」「AWS Support」などのAWSのウェブサイトのページが含まれている。

 Microsoftも8月17日以降、「Microsoft Teams」や「Outlook」などのアプリケーションのIE 11での利用に対するサポートを終了する。この日は、同社がIE 11に対するサポートを終了する計画を発表してからちょうど1年後に当たる。

 また「Windows 10」の多くのバージョンでは、2022年5月15日にIEのサポートが終了する。Microsoftは顧客に対して、ChromiumベースのMicrosoft Edgeに移行するよう呼びかけている。

 IE 11は、「Windows 8.1」と一緒に2013年10月にリリースされた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]