AWSが「IE 11」のサポート終了を告知--新しいブラウザーへの移行を促す

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-03 13:17

 Microsoftはまもなく「Microsoft 365」のアプリに対する「Internet Explorer 11」(IE 11)のサポートを終了する予定だが、Amazon Web Services(AWS)も、ユーザーに対して近日中に主なウェブサイトやアプリケーションでIE 11のサポートを終了すると告知した

 AWSは、2021年7月31日から2022年7月31日にかけてIE 11のサポートを段階的に終了する。同社は7月31日付けで、「AWSマネジメントコンソール」の新機能や新しいウェブページがIE 11で正常に機能することを保証しなくなった。

 新たに投稿されたブログ記事によれば、既存の機能やページに関するIE 11関連の不具合は当面の間修正を続ける。一方で、同社は間もなく、ユーザーに対して新しいブラウザーへのアップグレードを促すリマインダーの表示を始める。

 同社は、「2021年後半」に、IE 11を使用してAWSのページやアプケーションにアクセスしているユーザーへのポップアップ通知の表示を開始する。その際、「Chromium」ベースの「Microsoft Edge」や、「Firefox」「Chrome」などの新しいブラウザーへのアップグレードへの促すメッセージも表示されるという。

 IE 11に対するサポート品質が低下するウェブサービスには、「Amazon Chime」や「Amazon Honeycode」などのウェブベースのサービスや、「AWSのドキュメント」「AWS Marketing」「AWS Marketplace」「AWS Support」などのAWSのウェブサイトのページが含まれている。

 Microsoftも8月17日以降、「Microsoft Teams」や「Outlook」などのアプリケーションのIE 11での利用に対するサポートを終了する。この日は、同社がIE 11に対するサポートを終了する計画を発表してからちょうど1年後に当たる。

 また「Windows 10」の多くのバージョンでは、2022年5月15日にIEのサポートが終了する。Microsoftは顧客に対して、ChromiumベースのMicrosoft Edgeに移行するよう呼びかけている。

 IE 11は、「Windows 8.1」と一緒に2013年10月にリリースされた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]