編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト、米国オフィスでワクチン接種証明を必須に--業者やゲストも

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-08-04 10:50

 Microsoftは米国時間8月3日、複数のIT企業に続き、米国の社屋に入る従業員などにワクチン接種証明書の提示を求めることを明らかにした。同社はまた、米国内のオフィスを再開する予定日を9月7日から10月4日に遅らせた。これはAppleとGoogleによる同様の措置に追随するものだ。

Microsoft
提供:James Martin/CNET

 こうした動きは、新型コロナウイルスの中でも感染力の高いデルタ変異株が世界中で広がっている状況を受けたものだ。

 Microsoftの広報担当者は米CNETへのメールで次のように述べた。「われわれは、このパンデミックの初期から行ってきたように、新たな展開を注意深く追跡することと、こうした状況の進展に当社の計画を適応させることを継続して、従業員の健康と安全を最優先にしている」「9月からは、米国内のMicrosoftの建物に入るすべての従業員、取引業者、ゲストにワクチン接種証明書を求める」

 同社は、「疾患や、宗教などの保護されるべき理由があって、ワクチンを接種できない」従業員には特例を認める。また、免疫抑制療法を受けている患者の介護をしている人や、ワクチンを接種できる年齢に満たない子の保護者は、2022年1月まで在宅勤務を継続できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]