編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
日本株展望

外国株式のリターン格差が鮮明に--夏秋は米国株高も小休止?

ZDNet Japan Staff

2021-08-06 09:49

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

  1. 欧米株の優勢とアジア株の劣勢が鮮明に
  2. 米長期金利は経済成長率のピーク越えを示唆?
  3. 米国市場は「企業収益の拡大期待」が支え

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

欧米株の優勢とアジア株の劣勢が鮮明に

 世界市場では、今週も米国株と欧州株は高値圏で推移した(8月4日)。ECB(欧州中央銀行)やFRB(米連邦準備制度理事会)が市場との対話を介して長短金利の低位安定に貢献したことが下支え要因となっている。

 米国では、第2Q(4-6月期)決算発表が総じて好調だ。その一方、コロナウイルス感染者数が再増加していることでリベンジ景気(成長率加速)に一巡感が見られ、株価の上値を抑える動きも見られる。

 図表1は、主要国(地域)株式の年初来パフォーマンスを比較したものだ(MSCI指数)。中国株は、1-3月期の実質GDP(国内総生産)成長率が前年同期比+18.3%でピーク越えして以降に弱気相場入り。7月には、中国政府が自国のIT/教育企業に対する統制を強化して一段安となった。

 中国の株安動向に加え、デルタ型ウイルスの感染拡大を受け、日本株とASEAN(東南アジア)株も劣勢を余儀なくされた。中国株が年初来高値を付けた2月に日本株も高値を付けた経緯があり、中国株の軟調が日本株の低調に影響したかのように見える。

 米国のバイデン民主党政権は、人権問題や安全保障面で中国と対峙(たいじ)する姿勢を明確にしており、今後も米中対立激化や中国市場を巡る不透明感が日本株の上値を抑える可能性がある。米国市場の動向だけでなく、中国市場の動向も日本市場に影響を与えやすいリスク要因として警戒されている。

<図表1:中国株の弱気相場も日本株の重石となってきた>

(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年8月4日)
(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年8月4日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]