マイクロソフト、8月の月例セキュリティパッチ--「Print Spooler」の脆弱性など修正

Jonathan Greig (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-11 12:12

 Microsoftは米国時間8月10日、8月の月例セキュリティパッチ「Patch Tuesday」をリリースした。44件の脆弱性を修正している。「緊急」(Critical)の脆弱性は10件弱だった。

 影響を受けるのは、「.NET Core & Visual Studio」「ASP.NET Core」「Azure」「Windows Update」「Windows Print Spooler Components」「Windows Media」「Windows Defender」「Remote Desktop Client」「Microsoft Dynamics」「Microsoft Office」「Microsoft Office Word」「Microsoft Office SharePoint」などだ。

 今回最も注目すべきものの1つが、Windows Print Spooler Componentsのリモートコード実行の脆弱性を修正するパッチだ。この脆弱性は7月に明らかにされた。

 今回修正されたゼロデイ脆弱性には以下が含まれる。

  • CVE-2021-36948:「Windows Update Medic Service」の特権昇格の脆弱性。
  • CVE-2021-36942:「Windows LSA」のなりすましの脆弱性。
  • CVE-2021-36936:Windows Print Spoolerのリモートコード実行の脆弱性。

 Microsoftのレポートによると、Windows Update Medic Serviceの特権昇格の脆弱性は、悪用が確認されている。

 セキュリティ専門家のAllan Liska氏は、CVE-2021-36948が2020年11月に公開されたCVE-2020-17070と類似していることから同氏の目を引いたと話す。

 Liska氏は、「もちろん、これが実際に悪用されているのは憂慮すべきことだ。しかし、ほぼ同じ脆弱性が2020年11月に確認されたが、実際に悪用された形跡は見つけられない」と述べている。「これは、脅威アクターが新たに注目する対象となったのだろうか」

 また同氏は、CVE-2021-26424はWindows TCP/IPのリモートコード実行の脆弱性で、「Windows 7」~「Windows 10」、「Windows Server 2008」~「Windows Server 2019」に影響を及ぼす恐れがあるため注意を払う必要があるとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]