編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

世界の5Gネットワークインフラ、2021年に売上高が39%増--Gartner

Jonathan Greig (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-13 11:26

 Gartnerの新たな報告書によると、2021年に世界の5Gネットワークインフラ市場は売上高が39%増加する見通しだ。売上高は191億ドル(約2兆円)に達し、2020年の137億ドル(約1兆5000億円)をはるかに上回るという。

 Gartnerのシニアプリンシパル調査アナリストのMichael Porowski氏は、新型コロナの感染拡大により、「在宅勤務のほか、ストリーミングビデオ、オンラインゲーム、ソーシャルメディアアプリケーションなど、帯域幅を大量に要するアプリケーションに対応できるように、最適化された超高速ブロードバンド接続への需要が急増している」と説明した。

 同氏は、「企業と顧客の需要がこの成長に影響を及ぼす要因となっている」と述べている。人々がオフィスに戻る中、家庭サービス向けにギガビットFTTH(Fiber-To-The-Home)サービスへのアップグレードや切り替えが続くという。接続性は不可欠なリモートワークのサービスになっていると同氏は指摘する。「ユーザーはオフィスとリモートワークのニーズに対応するため、通信サービスプロバイダー(CSP)を厳しくチェックするようになる」

 成熟市場のCSPが2020年と2021年に5G開発を加速させたという。Gartnerによると、2021年に5Gが無線インフラの売上高で占める割合は39%となっている。

 また、古い世代の無線インフラへの投資は「すべての地域」で「急速に」減退しているという。CSPが5Gスモールセルに移行しているためだ。

 地域別にみると、ダイナミックスペクトラムシェアリング(DSS)とミリ波基地局の導入が進むことなどから、北米で5Gの売上高は2020年の29億ドル(約3200億円)から2021年には43億ドル(約4700億円)に達する見通しだ。

 西欧では、5Gの売上高は2020年の7億9400万ドル(約870億円)から2021年の16億ドル(約1800億円)へと緩やかに成長する。西欧のCSPは、周波数のライセンス供与、モバイルコアインフラのモダナイズ、規制プロセスへの対応などを優先するという。

 中華圏が5G売上高の首位を維持する。2020年には74億ドル(約8200億円)だったが、2021年には91億ドル(約1兆円)になる見通しだ。

 また、2020年に商用化可能な5Gサービスを提供しているCSPは10%だったが、2024年までにその割合が60%に増加するとGartnerは予測している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]