編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「Teams」ギャラリービューで共有コンテンツとギャラリーの表示切り替えが可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-16 09:14

 Microsoftはコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」のビデオ関連機能を改良し、画面に最大49人が表示されるギャラリーに参加しているときに、共有されたコンテンツとギャラリーの表示位置を切り替えられるようにした。

 同社は、「会議で誰かがコンテンツを共有したときに、ギャラリービューで参加者のビデオをクリックして、コンテンツとギャラリーの表示位置を切り替えられるようになった」と説明している。

 この機能はパブリックプレビュー版として公開されたため、まだバグが含まれている可能性もある。Microsoftは2020年後半、最大49人を同時にグリッド表示できるようにした。以前の最大9人を表示するビューについては、ロックダウン下での大規模な会議に不十分であるとの不満の声が上がっていた。

 Microsoftによると、会議のギャラリービューで、ほかの誰かがコンテンツを共有すると、そのコンテンツが中央に表示され、ビデオは右端か上部に移動する。

 同社はブログに掲載した記事で、「参加者のビデオをクリックすることで、コンテンツとギャラリーの表示位置を切り替えられる。つまり、ビデオを中央に移動し、共有されたデスクトップ/ウィンドウ、『PowerPoint Live』プレゼンテーション、『Whiteboard』などのコンテンツを右端/上部に移すことができる」と述べた。

 新型コロナウイルスのデルタ株が世界中で蔓延していることを受けて、顧客や競合他社、そして、Microsoft自体のオフィス再開計画に変化が生じている。今回の動きは、Teamsを強化して、そうした変化に対応することを目指す同社の最新の取り組みだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]